機能性農産物活用促進協議会では、機能性農産物「越のかおり」を通じて、地域の食・健康を研究し品種の特徴や栽培管理方法、加工、商品開発例、レシピ案などを紹介しています|機能性農産物活用促進協議会
レシピ
  • シーフードとトマトの炊き込みご飯

    シーフードとトマトの炊き込みご飯

    調理時間:80分   |   材料費:816

    材料( 3人分 )

    越のかおり生米2合

    シーフードミックス(冷凍)250g

    トマト1個

    スイートコーン(缶)60g

    バター大さじ1

    おろしにんにく(チューブ)2センチ

    塩こしょう適量

    コンソメ顆粒小さじ1と1/2

    しょうゆ小さじ1/2

    さやいんげん3本

    400ml


    作り方

  • レシピ

    お米をとぎ、水に浸しておきます。

  • レシピ

    シーフードミックスを流水で溶かし、食べやすい大きさ(一口大)に切ります。

  • レシピ

    フライパンにバターを入れて熱し、おろしにんにくを入れ、シーフードを炒めます。さっと炒めたらコーンを加え、塩こしょうで味付けしたら火を止めます。火を止めたら、そのままあら熱を取ります。

  • レシピ

    トマトのへたをくりぬき、お尻に十の字の切れ目を入れます。

  • レシピ

    お米の水を切り、しょうゆとコンソメを入れます。その次に水を入れます。

  • レシピ

    しょうゆとコンソメを全体になじませるようにざっとお釜を揺すってお米を平にならします。

  • レシピ

    お米の上に炒めた具をばらばらとのせます。お米とかき混ぜないように注意してください。

  • レシピ

    真ん中にトマトをポンと置いて、準備完了、炊飯スイッチオン。

  • レシピ

    炊き上がったら10分ほど蒸らしてから蓋を開け、トマトを崩しながら全体を混ぜます。味見をして薄ければ塩こしょうをさっとふり、ざっと混ぜて少し蒸らします。

  • レシピ

    最後にさやえんどうを小口切りにし、レンジで30秒加熱し、ご飯に混ぜ合わせます。盛り付けて完成です。

コツ・ポイント

魚介類の風味を生かした炊き込みご飯です。炊飯にはトマトの水分があるので水加減に注意が必要です。また、炒めた具をご飯にのせるとき、あまり混ざらないようにすると見た目が良くなります。 子どもからお年寄りまで食べられる優しい味付けになっています。

栄養価計算 ( 1人分 )

エネルギー 484 kcal 炭水化物 85.3 g
たんぱく質 21.0 g 食塩相当量 2.2 g
脂質 4.8 g 食物繊維 1.9 g

レシピ開発者

武蔵丘短期大学 健康生活学科 長島ゼミ






リンク集

 ・準備中

PAGETOP