機能性農産物活用促進協議会では、機能性農産物「越のかおり」を通じて、地域の食・健康を研究し品種の特徴や栽培管理方法、加工、商品開発例、レシピ案などを紹介しています|機能性農産物活用促進協議会
レシピ
  • ティラミス

    37C51D34

    調理時間:分   |   材料費:

    材料( 1人分 )

    ●ビスキュイ ア ラ キュイエール

    30g

    グラニュー糖15g

    越のかおり米粉15g

    粉糖5g

    ●マスカルポーネクリーム

    マスカルポーネ60g

    30g

    グラニュー糖20g

    板ゼラチン1g

    マルサラワイン3g

    コーヒーリキッド50g

    カルーアコーヒーリキュール15g

    ココアパウダー5g


    作り方

  • レシピ

    ビスキュイ ア ラ キュイエール:ボウルに卵黄と、5gのグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜます。

  • レシピ

    ビスキュイ ア ラ キュイエール:卵白に10gのグラニュー糖を少しずつ加え、泡がホイッパーに引っかかってくるくらいまで泡だて、最終的に鳥のくちばしのようにピンと立つまで攪拌します。できたメレンゲを①に三分の一入れ、ホイッパーで混ぜます。ふるった米粉を加え、ゴムベラできるように混ぜます。

  • レシピ

    ビスキュイ ア ラ キュイエール:残りのメレンゲを入れ、切るようにまぜ、絞り袋に入れます。天板にクッキングシートを引き、斜めに10cm程度に絞っていきます。絞り終わったら、粉砂糖をふるい、200度のオーブンで10~15分焼きます。

  • レシピ

    マスカルポーネクリーム:ボウルに卵黄と、15gのグラニュー糖を入れ、湯煎にかけながら混ぜます。

  • レシピ

    マスカルポーネクリーム:湯煎から下ろし、板ゼラチンを入れて溶かし、溶けたらマルサラワインを加えます。

  • レシピ

    マスカルポーネクリーム:違うボウルにマスカルポーネを入れ、ほぐして滑らかにしておきます。

  • レシピ

    マスカルポーネクリーム:④に⑤のマスカルポーネを3回に分けて加え、その都度混ぜます。その後、氷水につけ、ボウルを回しながら冷まします。

  • レシピ

    マスカルポーネクリーム:卵白をほぐし、ホイッパーに泡が引っかかってくるくらいになったら、5gのグラニュー糖を3回に分けて入れ泡だて、鳥のくちばしのようにピンと立つまで混ぜます。メレンゲができたら⑥に入れてホイッパーで混ぜます。

  • レシピ

    コーヒーリキッドとコーヒーリキュールをボウルに合わせておき、焼きあがったビスキュイをつけます。

  • レシピ

    ⑨をお皿の底に並べ⑧のクリームを流し込み、その層をお皿がいっぱいになるまで作ります。最後のクリームは少なめにします。冷蔵庫で冷やした後、ココアパウダーをかけ完成です。

コツ・ポイント

ティラミスとは、ビスキュイ ア ラ キュイエールというビスケットと、マスカルポーネクリームを交互に重ねたお菓子です。高アミロース米の米粉は、普通の米粉と違って焼くと固くなりがちで、特徴の多い米粉ですが、ビスキュイ(ビスケット)をコーヒーリキッドに浸すことで、やわらかくなり食べやすく仕上がりました。

栄養価計算 ( 1人分 )

エネルギー 469 kcal 炭水化物 47.8 g
たんぱく質 13.4 g 食塩相当量 1.2 g
脂質 24.5 g 食物繊維 0.6 g

レシピ開発者

武蔵丘短期大学 健康生活学科 長島ゼミ






リンク集

 ・準備中

PAGETOP