機能性農産物活用促進協議会では、機能性農産物「越のかおり」を通じて、地域の食・健康を研究し品種の特徴や栽培管理方法、加工、商品開発例、レシピ案などを紹介しています|機能性農産物活用促進協議会
レシピ
  • 雑穀米だし茶漬け

    F037A7F1

    調理時間:分   |   材料費:

    材料( 4人分 )

    越のかおり生米2合(300g)

    十六穀米大さじ2(30g)

    醤油大さじ2と1/2

    炒りゴマ8g

    鰹節2.5g

    大葉4枚(2g)

    しらす8g

    1切(80g)

    昆布だし4g

    600ml


    作り方

  • レシピ

    越のかおりと十六穀米を加水率2.0倍で炊きます。(越のかおり300g:水600g)

  • レシピ

    炊き上がったご飯に醤油とゴマ、鰹節を混ぜ、4等分にしておにぎりにします。

  • レシピ

    オーブンで両面焼きます。

  • レシピ

    昆布だしに水を入れて加熱し、出汁を作っておきます。

  • レシピ

    おにぎりに焦げ目がついたら、お椀に入れ、好きな具材をのせて、昆布だしをかけ完成です。

コツ・ポイント

越のかおりの特性のパラパラになることを活かして、さらさらと食べられ、ゴマを入れて焼くことで香ばしく食が進みます。家にある好きな食材をのせて食べられるので、バリエーションが豊富。ゴマにはコレステロール低下作用があり、動脈硬化や心筋梗塞の予防につながります。コンブには血糖値の上昇を抑制する働きがあるので、昆布だしを昆布から取って塩分を抑えて作ることもおススメです。

栄養価計算 ( 1人分 )

エネルギー 360 kcal 炭水化物 65.0 g
たんぱく質 12.2 g 食塩相当量 2.1 g
脂質 4.2 g 食物繊維 1.0 g

レシピ開発者

新潟大学 教育学部 山口ゼミ






リンク集

 ・準備中

PAGETOP